癒しの行政書士をめざして。

横浜市で行政書士をしております。 問題を解決するだけではなく、さらに相談者を「癒せる」行政書士になれたらと考えて、試行錯誤してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

成年後見の申立て法 ・・・・・・・ 第7回

さて、いよいよ審判の日がやって来ました。

な~んて言うとなんだかキリスト教の話みたいですけど・・・。

ある日、突然、裁判所から封書が届くわけです。

「え? なになに?」

結構、ビビったりします。(私だけでしょうか?)

審判書は以下のようなフォーマットです。


---------------------------------------------------------------------

平成○年(家)第○○○号 後見(保佐、補助)開始の審判申立事件

            審       判 

所在地  ○○県○○市○○町
     申立人       ○○ ○○
本籍   本人本籍
住所   本人住所
住民票条の住所   上と同じ場合と違う場合がある。
          本人     ○○ ○○
                 昭和○年○月○日 生

 本件記録によれば、本人は、現在、精神疾患のため、自己の財産を管理、処分する
には常に援助が必要であると認められるので、当裁判所は、次のとおり審判する。

            主       文

 1 本人について保佐を開始する。
 2 本人の後見人(保佐人、補助人)として次の者を選任する。
   住所  後見人等の住所
   氏名  後見人等の氏名
 3 本人のために別紙代理行為目録記載の行為について保佐人に代理権を付与する。

               平成○年○月○日
               ○○家庭裁判所
                 家事審判官  ○○ ○○

                 これは謄本である。
                 同日同庁
                   裁判所書記官  ○○ ○○

---------------------------------------------------------------------

 3は、保佐、補助の場合だけに必要な文言となっています。

後見は包括的な役割ですが、保佐や補助は、代理権の範囲が決まっています。

どの辺までやれるのかを、別紙に定めているわけです。

そうすると、後見の審判書には、1と2しか項目がないのかというと、そうでもあり

ませんでした。

手元の審判書を見ますと・・・

--------------------------------------------------------------------

 3 本件手続費用のうち金7,600円(申立手数料金800円、後見登記手数料

金4,000円、送達・送付費用金2,800円)は本人の負担とする。

--------------------------------------------------------------------

 このような表記があります。

しかし、これは、保佐だろうが補助だろうが、同様の記載があってしかるべきだと

思うんですが・・・。

なぜか後見だけに書いてあります。

なぜなのかは謎です。






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naiyousyoumei0627.blog27.fc2.com/tb.php/109-4cb9b7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

massy0627

Author:massy0627
横浜市で行政書士として開業して早2年半。
まだまだ未熟者ですが、毎日勉強を欠かしてません!
今年は、成年後見業務を中心に据えることを決め、ますますやる気いっぱいです。
みなさまのお役に立てるようがんばりますので、温かい声援をよろしくおねがいします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。