癒しの行政書士をめざして。

横浜市で行政書士をしております。 問題を解決するだけではなく、さらに相談者を「癒せる」行政書士になれたらと考えて、試行錯誤してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

病院の等級

 さて、成年後見の世界は、その母体として介護の世界が

あります。

あくまでも、

介護 > 成年後見

だと思っています。

そしてその先には、医療の世界があります。

そして、

医療 > 介護

なんじゃないかとも思っています。

「>」なんていう記号を使うと、

「どっちが上だ? 下だ?」

みたいに感じて不快に思う方がいるかもしれません。

しかし、そういう意味ではないのです。

歴史の長さというか、その世界の拡がりというか・・・。

とにかく、

成年後見 < 介護 < 医療

の順に、そこに広がっている世界が大きくなってゆくような

感じです。

あくまでも私の「感じ」ではありますが。

そして最近知ったのですが、病院には目に見えない等級がある

みたいなんですね。

こんなことを言うと、

「神聖な病院に対して何を言ってるんだ」

と叱られそうですが、私は今のところ、「神聖な病院」「高潔な

医者」に会ったことがありません。

不幸なことです。

等級とは、高齢者の受入れに関するものです。

目に見えない・・・というのは、公式な見解ではないという意味

です。

しかし、自ずから、

「この病院の方が偉い」

というような認識というかプライドというか、経営方針というか

・・・があるみたいなのです。

持ってまわった言い方をしてしまいましたが、話は単純で、扱う

医療の重要度に応じて、「偉い、偉くない」が分かれるみたい

な感じです。

緊急性が高い、治療・施術度合いが高い、目の話せない患者を

扱う病院が、病院のなかでも一番偉いみたいです。

そりゃ、そうですよね。

そういう患者に対して、医者は存在意義が100%です。

しかし、たとえば緊急性が去った後、あとは様子を見ましょう・・・

となった患者に対しては、医者の存在異議は70%位に下がります。

それから、病状が落ち着いて、とりあえず薬だけは出している・・・

という患者になると、医者の存在意義は、30%位かなあ。

そして、老人ホームに任せるにしては、胃も悪いし、肝臓も悪い。

でも、特別に処置が必要なわけではなく、間違いなく薬を出して

おけばいい。

いつ、何があってもおかしくはないが、とりあえず今のところ、

何も起こらない。

そういったレベルの高齢者に対しては、医者はふだんは何も

することがありません。

現場はほとんど介護と言っていいでしょう。

それが俗に「老人病院」と言われる病院で、私が実際に医者から

聞いた言葉としては、

「見取る病院」

ということです。

ここに書いた、医者の存在意義に応じた病院の等級がなんとなく

存在して、地域病院の世界は蠢いています。

そこでは、

「うちの病院は、このレベルの患者は長くは置いておかねえんだ!」

と言わんばかりに、放り出されたりするのです。

もちろん、単に放り出したら、院長は捕まりますから、より

等級の低い(と見られている、力関係の弱い)病院に無理矢理移送

したりするのです。

「病状は安定したんですが、認知症の度合いが強く、こちらの

病院では対処しきれません。お願いします」

と言って、いわゆる老人病院に運ばれてきた患者が、認知症

なんてほとんどなかった・・・なんて例があります。

単に押し付けたかったのです。

これらの経験を通して、病院の経営体制について、もっと勉強

したくなりました。

こんなことどうやって勉強したらいいんだか分かりませんが、

なんとか方法をさぐってゆきたいと思っています。




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naiyousyoumei0627.blog27.fc2.com/tb.php/122-035c2b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

massy0627

Author:massy0627
横浜市で行政書士として開業して早2年半。
まだまだ未熟者ですが、毎日勉強を欠かしてません!
今年は、成年後見業務を中心に据えることを決め、ますますやる気いっぱいです。
みなさまのお役に立てるようがんばりますので、温かい声援をよろしくおねがいします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。