癒しの行政書士をめざして。

横浜市で行政書士をしております。 問題を解決するだけではなく、さらに相談者を「癒せる」行政書士になれたらと考えて、試行錯誤してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

いきなりの危篤

 昨日、医師から電話をもらったばかりでしたが、今日、

午前中に再度電話をいただきました。

「Aさんが危篤です。すぐに来てください。」

昨日の今日でしたのでびっくりしました。

すぐに駆けつけると、Aさんはすでにほとんど呼吸停止の

状態。

そのまま、何もできずに突っ立ってました。

訳もわからずに心電図の機械を見つめて、付き添いの看護師

と、そこに表示される数字について話していました。

「ああ、呼吸が少なくなってきましたね」

「あれ、でもこれ、数字がおかしいね」

「心拍数が少なくなってきました」

「ふつうは急に来るものですけどね。Aさんは緩やかですね」

そのうちに医師が来て、病状を解説。

当初は、胃が悪いということで、胃ろうを設置するか否か・・・

ということで入院したが、検査の結果、肺気腫があることが

分かり、それを治してから、胃の方にいこうかと計画したところ、

思いのほか肺の方が悪く、そっちを治療しているうちに、衰弱

により心臓機能が低下してきて、原状のようなことになった・・・

というまあ、分かったような分からないような説明。

Aさんの年齢を考えると、仕方ないのかもしれませんが、あまり

治療らしい治療をしてないと白状しているような解説でした。

この医師は若いんですけどね。

高齢者ばかりの病院で、やる気をなくしているんでしょうか?

「また、来ます」

と言いつつ、医師は出ていって、また私と看護師の会話。

そのうち、本当に心拍数が0を示すようになってゆき、「0」で

動かなくなった頃、絶妙なタイミングで医師が登場。

「あっちの部屋で心電図見てましたけど、心拍数が0になりましたね」

別の部屋で見てるくらいなら、ここにいればいいのに・・・。

そういうわけで、平成22年4月7日10時40分、Aさんは亡くなり

ました。

眠るように・・・とは言いませんが、ゆったりとした苦しむことの

ない臨終でした。

葬儀社の方と打ち合わせなどし、また、仮のホームだった老健に行って、

遺品の預かりをしたりして、帰宅しました。

いろいろ言いたいことはあるけど、今日のところはとりあえず

経過報告だけ。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naiyousyoumei0627.blog27.fc2.com/tb.php/125-723a0eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

massy0627

Author:massy0627
横浜市で行政書士として開業して早2年半。
まだまだ未熟者ですが、毎日勉強を欠かしてません!
今年は、成年後見業務を中心に据えることを決め、ますますやる気いっぱいです。
みなさまのお役に立てるようがんばりますので、温かい声援をよろしくおねがいします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。