癒しの行政書士をめざして。

横浜市で行政書士をしております。 問題を解決するだけではなく、さらに相談者を「癒せる」行政書士になれたらと考えて、試行錯誤してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Fさんの居住用不動産売却

 Fさんは横浜市南区の区長申立てで成年後見人をつけること

が決まり、私が成年後見人となりましたが、生活保護を受給さ

れている方です。

 ご存じのように、不動産を持っている方は生活保護の受給は

できないのが普通ですが、Fさんは家を持っています。

 認知症がひどく、世話してくれる親族もいないため、緊急的

に区が生活保護受給を決めたものです。

 そのため、私が成年後見人を受任した直後、生活保護課の担当

者からは、

「できるだけ早い時期に不動産を売却し、いままで受給した

生活保護費を返してください。それでもなお不足する場合には、

引き続き生活保護を続けることになります」

と言われたのです。

 知り合いの不動産業者にお願いして、売買を進めてもらって

いたのですが、昨日電話があり、買い主の方と話がまとまり

つつある・・・ということになりました。

 売買価格は100万円。

 「安い!」

と思ってしまいましたが、まあ、小さな木造2階建ての長屋

の一角で、室内の様子も、直さないとすぐには入れない状況

ですので、諸々を考えると仕方ない金額かなという感じもします。

もとより、これで儲けるつもりなどさらさらありませんし、

不動産業者も手数料が安くなってしまいますが、それはそれで

いいと言ってくれています。

 どこにも問題はなさそうですが、すごく問題なのが、家庭

裁判所なのです。

 どうやら、値段に口を出すらしいんです。

 いやまあ、いくらなんでも1円で取引する・・・というの

を止めるなら分かるんですが、

「市場における適正額で売ってください」

というのが立場らしく、裁判所が適正と考える金額とは

路線価であると考えられます。

 Fさんの土地は、路線価だと全部で2~300万円位

にはなるそうですので、明らかに100万円は安いです。

 まあ、どこまでうるさいのかは、実際にやってみない

と分からないところではありますが、居住用不動産売買

許可申立て書には、添付書類として、売買契約書案を

提出しますので、金額に関する審査はあると思って間違い

ないと思います。

 いずれにせよ、それなりに時間のかかることだとは思い

ますので、経過報告をしたいと思います。




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naiyousyoumei0627.blog27.fc2.com/tb.php/140-716fb5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

massy0627

Author:massy0627
横浜市で行政書士として開業して早2年半。
まだまだ未熟者ですが、毎日勉強を欠かしてません!
今年は、成年後見業務を中心に据えることを決め、ますますやる気いっぱいです。
みなさまのお役に立てるようがんばりますので、温かい声援をよろしくおねがいします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。