癒しの行政書士をめざして。

横浜市で行政書士をしております。 問題を解決するだけではなく、さらに相談者を「癒せる」行政書士になれたらと考えて、試行錯誤してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

『私は誰になっていくの?』

私は誰になっていくの?―アルツハイマー病者からみた世界私は誰になっていくの?―アルツハイマー病者からみた世界
(2003/10)
クリスティーン ボーデン

商品詳細を見る






オーストラリアの女性、クリスティーン・ボーデン氏が書いた認知症体験記です。

「絶望」や「死」など、負の言葉が並ぶのに、不思議と読後感がさわやかで希望が持てます。

アルツハイマー病のなかでも、若年性アルツハイマー病は、仕事上第一線で活躍する40~50代で発症するため、本人の衝撃も大きいと思われますが、それ以上に周囲の無理解が、本人の生活に与える影響が大きいんだなと思いました。

そういった意味では、映画『明日の記憶』などで、この病気を世のなかに広く知らしめることには、大きな意味があると思います。

そういえば、糸井重里さんが、『明日の記憶』公開時、

「うちの奥さんが、今、とてもいい仕事をしているから、僕も応援してるんだ」

と語っていました。

なぜこんなことを思い出したかというと、この本の著者、クリスティーン・ボーデンさんの夫、ポールさんの献身的な態度がすごく印象的だったからです。

ポールさんは、クリスティーンさんがアルツハイマー病と診断された後に、彼女と結婚しました。

ふたりは生活のなかで、いつも寄り添っていて、常に新婚生活のように見えます。

ポールさんはいつもクリスティーンさんを見ているし、クリスティーンさんもそれで安心していられるような印象を受けました。

あるべき夫婦の姿を考えるうえで、とても参考になりました。




----------------------------------------------------------

★立禅★

今日は体に委ねる立禅をやった。

いつもはいろんな課題を胸に、ああでもないこうでもないとやるんだけれど、今日は、思い切ってポンと立ってみて、しっくりくる位置、ポーズで立禅していました。

これが最高に気持ちいい!

今日は、これから太気拳の練習日なので、先生の前でこれをやってみて、どう注意されるか。

まあ、いろいろ言われるんじゃないかとは思います。

午前中、太気拳で、午後からどこかで昼食をとって、図書館で勉強します。

今年の年末は、なぜかいろいろ仕事が入って忙しいです。

ありがたいことですね。

がんばります。






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naiyousyoumei0627.blog27.fc2.com/tb.php/66-022248e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

massy0627

Author:massy0627
横浜市で行政書士として開業して早2年半。
まだまだ未熟者ですが、毎日勉強を欠かしてません!
今年は、成年後見業務を中心に据えることを決め、ますますやる気いっぱいです。
みなさまのお役に立てるようがんばりますので、温かい声援をよろしくおねがいします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。