癒しの行政書士をめざして。

横浜市で行政書士をしております。 問題を解決するだけではなく、さらに相談者を「癒せる」行政書士になれたらと考えて、試行錯誤してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

公開講座

昨日は、神奈川成年後見サポート

センター主催、横浜南区役所後援の公開講座を実施しました。

講師は、我が南支部の支部長である行政書士の大村先生。

大村先生は、人情に厚く、庶民的で温かい語り口に定評があり

ます。

昨日の講座も、難しい法律用語を一切使わず、親しみやすいもの

でした。

テーマは、『老後、安心した生活をおくるために・・・』という

ことで、サブタイトルには特に「いつか来る「おひとりさまの

老後」を乗り切る知恵と工夫」となっていました。

サブタイトルが示すように、一人暮らしで不安をかかえる高齢者

が、これから暮らしてゆくにあたって、成年後見制度をどうやって

利用していったらよいか・・・という趣旨ですので、お話は任意

後見の利用方法といった感じでした。

しかし、任意後見とはどんな制度か? といった内容をストレート

に説明するのではなく、大村先生が自ら受任された事例を豊富に

盛り込んだ内容となっていましたので、お手伝いする私たちにとっ

ても大変参考になる内容でした。

あ・・・「任意後見って何?」という方は、このメルマガの一番下

にあるHPアドレスから、私のHPを読んでくださいね。

講座の後は、恒例の無料相談会がありました。

講座には40名くらいが集まりましたが、さすがに相談会にまで

残る方は10名以下でした。

私はそのうちの1名を担当させていただきました。

現役のケアマネの方からの相談です。

その方が現在プランを立てている90歳の女性が、一人暮らしを

しているが、一人娘と折り合いが悪く、今後のことを考えると不安

だ・・・と訴えているので、この問題を成年後見制度で解決でき

ないか? ということでした。

90歳の女性には、歳相応の物忘れはあるが、認知症は見られない

ということでしたので、とりあえず任意後見をお勧めしました。

お子さんは、娘が一人ということでしたので、相続に問題はありま

せんが、折り合いが悪く、一緒に暮らしていないということだった

ので、その隙を縫って、おかしな人間が入り込んで来ないとも限ら

ないと考えたのです。

このケースですと、90歳の女性の死後の問題はないでしょう。

折り合いが悪いといっても、お骨を引き取らないところまでは言っ

てないそうですから。

相続権があるのも娘一人なので、敵対する者もなく、娘の側から

考えると、この女性が財産を無駄に浪費してしまわない限り、文句

はないと思われます。

そうすると、その辺をうまく調節して、この女性が亡くなるまでを

つつがなく暮らせるためのライフプランを立てられる成年後見人が

就けば、問題は解決できるのではないかと考えました。

その意味では、成年後見人には、人間関係の調整能力が特に

強く求められますね。

私自身、大変勉強になった一日でした。

(^^




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naiyousyoumei0627.blog27.fc2.com/tb.php/84-d9f25c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

massy0627

Author:massy0627
横浜市で行政書士として開業して早2年半。
まだまだ未熟者ですが、毎日勉強を欠かしてません!
今年は、成年後見業務を中心に据えることを決め、ますますやる気いっぱいです。
みなさまのお役に立てるようがんばりますので、温かい声援をよろしくおねがいします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。